葬儀の手続きから遺品整理や墓石の準備まで~早めの充実終活ライフ~

案内

制度を利用しよう

案内

知的障害や、精神障害、認知症などが原因で、判断能力が十分でない人や高齢者の方々は国内でも大勢います。自分一人で生活をすることが出来ない状態の人や高齢者が、社会的に損をしないようにするための制度として、成年後見制度があります。成年後見制度は地域の家庭裁判所に申し立てをして、正しい手続きを踏むことで、援助を受けることが出来ます。成年後見制度は社会的に不利益を被る可能性のある人達を支援し守るための制度なのです。

成年後見制度の手続きの流れとしては、まず家庭裁判所に申し立てを行ないます。申し立てをした後に、制度を利用する対象者や申立人、成年後見人が家庭裁判所に呼ばれ、家庭裁判所の調査員に、事情の説明を行なうのです。この際に精神鑑定を行う場合がありますが、ほとんどの場合は行なわれません。そして審判が行なわれます。申し立てから審判までの期間はケースよって異なりますが、一般的には2ヶ月以内には審判の結果が通知されます。制度開始時と比較すると審判にかかる時間は短くなっています。ですが、成年後見制度の利用を希望する人の数はまだまだ多く、手続きの方法やシステムはまだまだ改善の余地があります。始めて成年後見制度を利用する場合は、何かと不安やわからないことが多いです。そんな際は成年後見制度について無料で相談を受付けている窓口があります。そういった無料相談所で詳しい手続きの方法や制度の利用の際の注意点などをしっかりと把握した上で、申し込みを行なうといいでしょう。ネットなどであれば、メールでの相談もできるので自分の都合のいい時間で相談してみましょう。