葬儀の手続きから遺品整理や墓石の準備まで~早めの充実終活ライフ~

葬儀

いざという時に慌てない

葬儀

人がなくなってしまった際には、親族もしくは親しい間柄の人たちで葬儀をとり行います。葬儀の方法は故人の宗教等によっても変わってきますが、国内で行われる葬儀の方法としては、お寺のお坊さんに葬儀を行ってもらうことが一般的でしょう。まず、病院などで故人が亡くなってしまった場合は、まずは家族や親族に連絡をします。家族による立会が終わった後は、葬儀社に連絡し、遺体の安置所を決めてその場所まで遺体を運びます。遺体安置所は、参拝ができるようにします。次に家族の中から喪主を決めます。喪主は葬儀を取り仕切る役目なので、故人と関係が深かった人から選ばれることが多いです。喪主は寺院や神戸や中原区の葬儀社に連絡し葬儀の段取りを組みます。葬儀社とは、お通夜や葬儀の日時、会場、葬儀の予算などの打ち合わせを行ないます。他にも葬儀を行なうまでには、親族と打ち合わせなど、様々なことを行う必要があるのです。

喪主はお通夜や葬儀に向けて、様々な仕事や手続きを行なわなくてはなりません。葬儀社に依頼することでその仕事を代理で行ってもらうことが出来るのです。お通夜や葬儀の負担が減った分、喪主や家族は、故人の遺品整理などを行なうことが出来ます。このように、人がなくなった後は意外にもやるべきことが多いのです。そのために生きている間に自分が死んだ後のことを取りまとめておく終活を行なう人が増えています。終活の内容としては、お通夜や葬儀の段取りを既に葬儀社と打ち合わせたり、自分の骨を入れる墓石のデザインや価格を調べたり、中には早いうちに墓石を購入する人もいます。終活を行なうことが出来ない、判断能力が衰えてしまった人でも成年後見制度を利用することで、法律面や生活面の援助を受けることが出来るのです。

墓石選びのコツ

葬儀

墓石選びにこだわる人が増えています。墓石に使用する石の種類や、墓石のデザイン、大きさなどを自分の好みで選ぶことが出来ます。墓石を購入する際は複数の石材店に価格の見積りを出してもらい比較した上で決定しましょう。

制度を利用しよう

案内

成年後見制度は理解能力が十分でない人や高齢者などが社会的に損をしないために補助する制度です。家庭裁判所に申し立てを行ない、手続きをすることで制度を利用することが出来ます。

終活を始めましょう

合掌

終活はメディアでも取り上げられるなどして、その認知度は一般的に広まっています。終活の内容は葬式の段取りや、お墓選びなど様々です。自分の死と向き合うことで、残された時間を有意義に効率よく過ごすことが出来ます。